HOME ボルダリングコラム ボルダリング行くときはどんな服装?ボルダリングに行くときの服装を紹介します

ボルダリング行くときはどんな服装?ボルダリングに行くときの服装を紹介します

ボルダリングとはスポーツクライミングの一種で、大きな岩や石などがある場所をロープや道具などを使わないで登っていくものです。あまり高い山などを上るのではなく、万一落ちてしまって命を奪うような危険性がない場所で行われることがこのスポーツの特徴になっています。専門的な道具などが必要なく気軽に始めることができるため、室内の壁に突起物などを設けた施設でも体験することが可能です。他のクライミングとは違い専門的な道具を必要としないため、初心者でも始めやすいことも特徴になっています。クライミングの初心者でも気軽に挑戦することができますが、どのような服装で始めればよいのか迷ってしまう人も少なくありません。気軽に挑戦できるスポーツですが大きな岩や石などがある場所を上るため、どのような服装でも大丈夫と言う訳ではありません。

動きやすい服装を選ぶ

一般的なスポーツなどと同様に、動きやすい服装を選ぶことが大切です。基本的に必要になってくるものは、ウエアやパンツや靴下などが挙げられます。シューズの着用も必要になりますが、初心者が始めて挑戦する場合はレンタルする方法も選択することが可能です。シューズをレンタルする場合でも靴下の着用は必要になるので、忘れないようにしなければいけません。ウエアで大切になってくることは、動きやすく軽い素材でできていることです。他のクライミングでも同じことが言えますが、動きにくい服を選択してしまうと動きにくく疲れやすくなってしまいます。厚手で重い素材でできていると体力を使うスポーツのため、集中力が途切れ思わぬ事故を発生する場合があるので危険です。着用した時に注意することは、圧迫感がなく手足の動かしやすさなどが挙げられます。デニムやスキニーなどの素材は、丈夫ですが重く動きにくくなることが少なくありません。クライミングでは手足を上下左右に動かしながら登っていくため、柔らかい素材でできている製品を選ぶようにしましょう。クライミングをする場合は、コットンやポリエステルなどの素材でできている製品を選ぶことが多くなっています。他のスポーツなどで着用していることの多いジャージやスウェットスーツなどは、このスポーツにはあまり向いているとは言えません。楽に着用できるイメージがありますが、素材に厚みがあるため重たいのがデメリットになります。クライミングでは腕や足を動かすことが多くなりますが、厚みがあるため動かしにくくなることが少なくありません。動かしにくく生地が重いため、疲れやすくなってしまうこともデメリットの一つです。初めて選ぶ場合は、速乾性の高い素材でできている製品を選ぶようにしましょう。ボルダリングは汗をかきやすいスポーツのため、登っている最中でもウエアが濡れてくることが珍しくありません。乾きにくい素材の製品では、ウエアの重さが増してしまい動きにくくなってしまします。疲れなども感じやすくなるため、速乾性の高い製品を選ぶことが大切です。

TシャツでもOK

上半身に身につけるウエアはTシャツでも十分ですが、丈の長さに注意して選ぶようにしましょう。ボルダリングを挑戦している最中は、腕や足を伸ばしていることが多くなるのが特徴です。Tシャツの丈が短すぎてしまうと、お腹などが見えやすくなってしまいます。女性がTシャツを選択してボルダリングに挑戦する場合は、丈の長さ以外にも注意が必要です。サイズが大きすぎるTシャツを着用していると、登っている最中に下着などが見えてしまうこともあります。岩や石などで肌を擦りむくこともあるため、集中して登ることができません。思わぬ事故などを起こすことも少なくないため、サイズが大きすぎるTシャツなどは選ばないようにしましょう。少し大き目のサイズのTシャツなどを選ぶ場合は、タンクトップなどを着用してお腹などが見えなくなるようにすることも大切です。

ハーフパンツで遊ぶときはレギンスの着用がおすすめ

パンツを選ぶ場合は、上半身と同様に動きやすさを重視することが必要になります。パンツに使っている素材は、伸縮性の高いものを選ぶようにしましょう。足を上下に動かしたり広げたりしながら登っていくため、伸縮性がないパンツでは動きにくくなり危険です。パンツを選ぶ場合は、丈の長さにも注意して用意しましょう。登っていく最中に壁に設けられているホールドに膝などを擦ると、擦り傷などをすることが多くなるので注意することが必要です。ホールドの表面は、滑りにくくするためザラザラに加工されています。丈が短いパンツを着用していると、登っている最中に膝などを当てやすくなり危険です。膝が隠れる長さのパンツを選択すると、擦り傷などから体を守ることができます。ハーフサイズのパンツの場合は、レギンスなどを着用するとよいでしょう。靴下選びで大切になることは、薄い製品を選ぶことです。ボルダリング用の靴下も販売されているので、これから購入する場合は選択するとよいでしょう。ふっとカバーを選ぶ場合も、生地の厚さには注意しなければいけません。シューズをレンタルする場合は普段よりもサイズが小さいものを履くため、生地が厚くなると動きにくくなりホールドがしにくくなってしまいます。

ボルダリングコラム

都道府県からボルダリングジムを探す